• --> --> -->






    まだ、あなたが
    宿っているとしんじて
    さいごのうたを埋める
    そして一緒に
    よぞらをながめる
    なにも見えない暗闇を
    えいえんに仰ごう


    あの、うつくしい化石のように
    いつかなれたら
    また手をつないでね。